esq 新作感想 BBS
esq の新作に対するご感想をどうぞ。どなたでも参加OK!

ワード検索: OR AND


新規投稿
マークは必須項目です。
キーワード (← DVD「15/51」の2曲目「In the city」の歌詞の、歌い出しの最初の4文字 の読みを全角カタカナで記入)
お名前
メール
URL
題 名
本 文
パスワード (半角英数字4〜8桁。記事の編集/削除に使用)
 

<<前へ...

[11]ふふふ ナンデミンナフルネーム?byチュンタ PCWinXP(IE8) 2009/12/22(火)23:23 返信

いい!いい!いい!
何書いたらいいんだろ?
まだ全部聴き終わっておりませんが・・恋しくて
自分の周りのひとに聴いてもらいたい
たくさんの人に


ライブではどんな感じになるんだろ?
たのしみ・・

悪い夢 Cityscape かっこいい!


もう一度抱きしめての中に「恋しくて」という歌詞があるんですね・・


歌詞カードの一番最後のページの階段を下りていく三谷さん・・・この写真いいなぁ

ん?あれって三谷さんですね?

ipodに入れて聴いています・・
Blue Moon、シングル恋しくて、アルバムThe Cityの順に入れて
最近追加した曲で聴いていますが
Blue Moonから恋しくての流れがなんだか好き

今はアルバム1曲目と2曲目を何回か繰り返し聴いています

変な聴き方してごめんなさいm(__)m

少しずつ聴いていきます

楽しみだぁ


早くツアー行きたい

[10]無事到着 山吉ちづる PCWinVista(IE7) 2009/12/22(火)21:55 返信

今日アルバムとシングルが届き、直ぐに聴いてみました。
11月にちょこっとずつ聴かせて頂いてから、
完全版に思いを巡らせていましたが、
ようやく全曲を聴き終わり、「The City」まさにタイトル通りの感じがしました。
1曲目の「In the city」から2曲目の「Cityscape」への流れが好きです♪
街を見降ろしながら、街を駆け巡る感じ(雰囲気)がしました。

[9]The City 聴かせて頂きました♪ 森下 美咲 PCWinVista(Firefox) 2009/12/22(火)21:38 返信

今日、待ちに待ったアルバムとシングルが届いたので、早く聴きたい衝動を抑えつつ、
まず最初に、ジャケットを眺めて、歌詞を全て読んでから、じっくりと聴かせて頂き
ました。文字として目に映るものが音に乗ることによって、どんな風に色を変えるの
かとても楽しみでなりませんでした。

ジャケットの中に収めたれた写真が、よく知っている風景だったので、自分の思い出
といろんな意味でシンクロして、何だか不思議な気分になりましたが、お陰さまで、
自然にすーっとその街の中に私も入り込んでいくようでした。

私はいつも、三谷さんのアルバムは1冊の小説のようだと思っていますが、やはり、
最初にタイトルを目にした時に、このアルバムは、cityという一つ世界であり、様々
なカタチの物語なのかなと思いました。

そしていよいよ、「The City」の扉を開けて、街の風景を見渡せば、すれ違う人それ
ぞれに夢や大切な想いがあって、さまざまな風景がある。そんな印象を受けました。
まさに小説のようなその空間がいいな〜と思いました。

実は今まで、三谷さんが書かれる詞は男性の気持ちだなぁと思っていました。
それはそれで心地よくて、あたえられる愛情のようなものを感じていたのですが、
このアルバムを聴くと、今までとは何かが違う新鮮な感覚を覚えました。
女性としても歌詞に共感できる部分が多くて、より心に沁みてくるんです。

私が求めていたものが、この手の中の1枚にあるような気がしました。

1回聴いただけで、気がつけばいつの間にか曲を口ずさんでいて、まるで体の中を
きれいな水が流れるように、メロディに包まれていて消えることがありません。

…1曲づつの感想を書けば、間違いなく、かなりの長文になってしまいそうなので、
いちばんお伝えしたいこの言葉で、締めくくらせていただこうと思います。

今までのアルバムの中でいちばん好きになってしまいました。
 これぞ、傑作だと言っても過言ではない、素晴らしいアルバムだと思います!”

素敵なXmasプレゼントをありがとうございました♪

[7]感動 日野育子 imode 2009/12/22(火)19:57 返信

今 アルバム、シングル聴かせていただきました。まだ一回聴いただけなので 感想を色々いえないですが “悲しくてやりきれない“の三谷さんに感動して 涙が出てしまいました。 いい歌だと思っていましたが 三谷さんの歌凄すぎです‥と伝えたくて アルバムに感想はまた改めて書かせていただきます

[6]I feel the wind. 神尾のり子 PCWinXP(Firefox) 2009/12/21(月)20:53 返信

都合によりアルバムのみの購入でしたが、
先ほど通して聞きました。

全曲通して感じたのは「風」。
強弱はいろいろあるのですが、どの曲にも風を感じました。
それは、流行という風かもしれないし、雰囲気という風かもしれない。
それぞれの楽曲で歌われる街に流れる「空気」かもしれない。
うまく言葉が見つかりませんが、吹き抜ける風がいろんなものを繋げ、妨げ、流れて彷徨っている…。
そんなふうに思ったのです。

1曲目が終わり、2曲目に入るところが、なんとも最高でした。
また、「光の恋人」と「信じればいつか」に、意外性を感じ、
「cityscape」と「街のフィーリング」には懐かしさを感じ、
「in the city」と「Downtown」のちょっとしたひっかけ?にはニヤリとしました。

またやってくれましたね、三谷さん。
更なるesqワールドの広がりを感じました。

次へ...>>


Page:[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 12 [13]